投資家サッカー選手

FC町田→慶應湘南藤沢高等部サッカー部主将→U-19台湾ユース代表キャプテンを経て、ゴールドマン・サックスに入社。今は投資家サッカー選手として活躍する永遠のサッカー少年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

僕にとってのサッカー

現役の頃は、僕にとってサッカーは「夢」でした。母国台湾の代表になりたい、
という夢を抱き、それをひたすら目指して、寝ても覚めてもサッカーでした。

そしてついに台北選抜を経て、U-19の台湾ユース代表候補に選ばれ、強化合宿を勝ち残り、
最終メンバーに入ることができ、ワールドユースアジア予選、アジアユース選手権等に
キャプテンとして出場しました。2万人の大観衆の前での開幕戦での勝利、
ワールドカップにも出場した中国代表・曲波選手とのガチンコマッチアップなど、
大きな夢がこれ以上ない形で叶った瞬間、サッカーが「夢」ではなくなりました。

その時から、自分がなんのためにサッカーのするのかを見失い、大学の体育会サッカー部への
入部を急遽取りやめ、将来家族を養える男になるべく、ビジネスマンとしての準備・勉強に
フォーカスを移しました。

そして大学卒業後、ゴールドマン・サックスに入社し、自己勘定投資の部隊に加入。
我武者羅に仕事をして、約2年が経ち、少しだけ周りが見えるようになったとき、「何かが
足りない」と感じるようになりました。僕は酒もタバコもやらないし、飲み会も好きではない。
一般的なサラリーマンとしてのストレス発散法が、およそ自分にはアプライできない。そこで、
大学時代も含めて約6年間、忘れていたというよりは、「忘れようと自分をコントロール
していた」サッカーに対し、もう一度自分の心のドアを開くことにしました。
それも、遊びのサッカーではなく、全力で戦うサッカー。そうでなければ時間を使う意味がない。
そうでなければ、サッカーに対して失礼だ。そんな思いで、実家の棚の奥深くにしまってあった
ユニホームに久方ぶりに手をかけ、昔のサッカー仲間たちに一人また一人と声をかけ、チームを
作り上げました。

こうして始まった仲間たちとの新たなサッカー戦記をつづっていきます。

宜しくお願いします。

My Uniform
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。