FC2ブログ

投資家サッカー選手

FC町田→慶應湘南藤沢高等部サッカー部主将→U-19台湾ユース代表キャプテンを経て、ゴールドマン・サックスに入社。今は投資家サッカー選手として活躍する永遠のサッカー少年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中国サッカーについて:「川崎フロンターレ ボディーガード帯同!厳戒北京移動」を見て

以下のような記事を見た。

スポーツであるサッカーの試合で、何故選手が身の危険に晒されなければならないのか?

僕がユース代表の試合で中国に行ったとき、四川省と広東省で試合をしたが、公式戦の
時には、ホテルの出口から銃を持った軍隊(警官隊?)が四方につき、我々のバスも、
警備のため装甲車が前後を固めていた。試合の際にも、物を投げられないように、
入場の際には、グランドの方まで簡易トンネルが15mほどせりだしていた。
我々台湾代表が先制点を挙げ、会場が大ブーイングに包まれてからは、本当に
「何が起こってもおかしくない」という雰囲気になっていた。

中国は13億人もの人口を抱えており、その中から選ばれた選手は、もっとうまくても
いいように思えてしまう。今の中国サッカーの限界は、サッカーをしっかりスポーツ
として捉え、サポーターまで含めて、Physicalなものだけでなく、mentalも鍛えていく
という発想がないことに起因しているように思う。

アジアのレベルアップのためにも、個人的には、中国にもっと強くなってほしいと
考えている。

そのためには、中国自身が、他国から見た時に、「あの国は試合に行くだけでも
危険だ」と思われていては話にならないのではないか。

政府レベルでサッカーを強化しようという動きをしている中国なのだから、
国の威信をかけて、しっかりとフロンターレの面々を守り、安心して
試合に集中できる環境をつくってほしい。

そこから、中国サッカーの新たな一歩が始まるのではないか?

***************************
川崎F ボディーガード帯同!厳戒北京移動
スポーツニッポン - 2010/4/27 7:01

 28日にアウェーでACL北京国安(中国)戦を控える川崎Fは26日、中国・北京へ移動した。勝てば1次リーグ突破、引き分け以下なら敗退という大一番の最終節。中国国内でも過激で知られる相手サポーター対策として警備員3人を帯同させる厳戒態勢を敷いた。黄砂や大気汚染も心配される敵地で、逆境をはねのけ勝利をもぎ取る覚悟だ。

 勝利しか許されないアウェー北京国安戦へ向け、川崎Fが超厳戒態勢を敷いて北京へ移動した。この日は出発前に川崎市内で練習を行い、攻守にわたるセットプレーの確認に約45分も時間を割いた。「(中国での練習では)相手に見られるかもしれないから。相手は背が高いので、いろいろなことをしてセットプレーで点を取る意識を高く持ってもらいたい」と高畠監督は緊張感を高めたが、警戒しなければならないのはそれだけではない。

 北京国安のサポーターは過激なことで知られており、試合後に暴れることも多い。そのためクラブは遠征では初めて警備会社の警備員3人と運営担当1人を“ボディーガード”要員として増員。選手と約100人のサポーターを守るため、通常より4人多く遠征に帯同させる対策を取った。

 昨年5月5日のアウェー天津泰達(中国)戦でも、試合後に選手に向かって物が飛び、スタジアムを出る際もバスに空き缶などが投げられ危険にさらされた。今回も結果次第で同じようなことが起きないとはいえないだけに、クラブ関係者は「本気で勝ちにいくとなれば相手サポーターが怖い。お金の問題ではありません」と語気を強めた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。